上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝7時に起床。
少し寝坊が心配じゃったけぇ安心。

荷物をまとめてチェックアウト。

待ち合わせ場所である旅行代理店の前に行く。
7時半ちょい前に着くも誰もいない。
昨日、代理店の人が「明日は20数人行く予定だ」って言っとっただけに心配になってきた。

しばらく待っていると、男の人がカンボジアか?と声を掛けてきた。

そうだと答えると、ついてこいと言う。
よく見れば彼の後ろには20数人のバックパッカーが。

こうゆう風にカオサンに数ある代理店をひとつひとつまわって集めて行くわけかと納得。

そして、カオサン通りのはずれに停車してあるバスに乗り込む。
大きなバスで日本でも一等とよべれるようなほど快適。

そこから国境の町アランヤプラテートを目指す。
約6時間の旅。

バンコク市街を出たら一本道をひた走る。

そして、アランヤプラテートの手前のレストランで休憩。
事前にVISAを申請しとらんかった人はここで申請しろ、とバスの添乗員に言われる。

取っとらんかったけぇ、申請する。
いくらか?と聞くと、1200(1バーツ3円)バーツだそう。
確かイミグレなら20US$だったはず。

これは高すぎると思い、抗議するもこれが普通だと言われる。
他の欧米人バックパッカーも抗議したが、みんなしょうがなく払いだしたので諦めて払った。

ここで昼食を食べた。
またまたFried Rice&パイナップルシェイク。

食べていると、日本人の学生らしき二人組に、
「アーユージャパニーズ?」と聞かれ、「イエス!」と答えてしまった。
「はい!」と答えるべきだったと少し後悔w

彼らと一緒に食事していると、ある男が話しかけてきた。
要は、ここでタイバーツをカンボジアのリエルに両替したほうがいいとのこと。
ひたすらUS$はデンジャラスだと言ってくる。
でも、事前に調べたところによると、カンボジアではUS$が広く流通しているはず。
しかも、こんなレストランで両替することのほうがあやしすぎる。
ということで、かなりしつこかったけど断った。
(後でゲストハウスで会ったここで両替してしまった日本人によるとレートはかなり悪かったらしい。)

そして、ご飯を食べ終わったところでVISA発行。
まぁ高かったけど、無事VISA取れたしよしとしよう。

アランヤプラテートはすごい慌ただしい町じゃった。
タイ側にも関わらず、カンボジア人の子どもの物乞いが多く治安も悪そう。
タイで少しのほほんとしてきた気持ちが引き締まった。

aaranyaparattate.jpg

タイを出国し、歩いてカンボジア側のポイペトに渡る。

何だかワクワクしてきた。
izacombodia.jpg

スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Como Beppu No Hay Dos!!, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。