上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はマレーシアを離れタイへ。

コタバルから国境の町ランタウ・パンジャンまでバスで1時間。
バスをおり、マレーシア側の出国ゲートで出国スタンプを押してもらう。

imigration.jpg

タイとマレーシアの国境は川で隔てられている。
その川にかかっている橋を歩いて渡り、タイの入国審査へ。

bordeer.jpg

borderrr.jpg


本来ならビザがいるらしい。
でも、日本人はなくても入国できるって聞いとって、その話通りすんなり入国できた。

タイ側はスンガイ・コロクという町。
今日はここから一気にバンコクまで移動する予定。

ほんまはタイ南部のタオ島とかピピ島に行くつもりだったんじゃけど、海はもうプルフンティアンで満喫できたし、残された時間もそんなにないけぇ行かないことに。
・・やっぱり海ひとりは・・・ブツブツ・・。

ということで、バンコク行きの夜行列車チケットを買いにスンガイ・コロクの駅へ。
駅までは約1km。
バイタクの兄ちゃんがいっぱい声をかけてきたけど、歩いていった。

駅に着いて、チケットを購入。
2等の寝台。

そして、発車まで時間があったけぇ、駅にでかいバックパックだけ預けて市内を散策。

スンガイ・コロクは市場があったり、古着屋さんがあったりとまぁまぁにぎわっとった。

sungaikoroku.jpg


minamata.jpg
(なぜか熊本の水俣高校のジャージが・・)

そして、列車の時間が迫り、駅へ。
定刻通り、出発。

タイの列車もとても快適。
夜までは普通の座席。
この座席を、乗務員さんが寝台に変えてくれる。

zaseki.jpg

zaseki2.jpg


この列車でもお友達が出来ました。
ひとつ前の席じゃったタイ人親子です。

ミーちゃんとはずっと遊んでました。
とても人なつっこく、俺の席にやってきてはお母さんのところへ逃げていきますw

お母さんもいい人で車内食の晩御飯をごちそうしてくれました。
ふたりはチェンマイというタイ北部の町までの帰り道らしい。
それで、あなたもチャンマイまで行きましょうって誘われたけど、それはことわりました。

mie.jpg

mie3.jpg

mie2.jpg


まぁこんな風にミーちゃんと遊びつつ、いざバンコクへ。
thaiview.jpg

thaiviewww.jpg

スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Como Beppu No Hay Dos!!, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。