上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オアハカラストナイトは、
ちょっと贅沢でもしようということで
ちょっとお洒落な西洋風のレストランへ。

スープにパスタを食べる。
贅沢といっても100ペソ程度。

バックパックを背負って旅行しよると、
お金は節約しないと、という錯覚に陥る。

よくよく考えてみれば、
社会人じゃし学生時代ほどそんなケチケチせんでいいのでは・・
なんてふと思うけど、
このケチ旅が面白さのひつなんかもしれん。

まぁ今回の旅は、
ほんまにお金ないんじゃけど・・。

IMG_5891.jpg


食事終わり、
宿でちょっぴり休憩してから、
バスターミナルへ向かう。

発車時刻は23:30の予定。

ここがメキシコシティなら間違いなくタクシー使うけど、
オアハカは外務省の安全情報に書いてあるような町ではなく、
温和な空気が流れとったし、
歩いていくことにした。

夜はほとんど人通りがないけど、
薄暗い公園ではベンチに恋人通しが寄り添って座っていたり、
スケボーしとる若者がいたりと
ふつうの暮らしがそこにはあり、
やはり落ち着いた町なんじゃなぁと思った。

それから、バスターミナルへ到着。

眠くてボーっとして、
違うバスに乗りかけたけど、
親切な運転手の指摘で何とか
メキシコシティ行きのバスへ乗り込んだ。

バスのセキュリティは結構厳しくて、
金属探知器の検査、ボディチェックで乗車後、
係員がビデオカメラで乗客ひとりひとりの顔を撮影していく。

バスジャック対策らしい。

やはり物騒じゃとは思いながらも、
発射後すぐに爆睡。

気づいたら、
朝6時過ぎにメキシコシティに到着。

今日からもまたサンフェルナンド館にお世話になろうと
ここからは地下鉄でHidalgoまで。

メキシカンは早起きなのか、
朝6時でも地下鉄は恐ろしいぐらい満員。

こんな地下鉄に乗ったら
まちがいなくやられる・・と思い、
2~3回、地下鉄が来たけど見送った。

地下鉄トラウマもあったし、
タクシーで行こうかとも思ったけど
シティの場合流れのタクシーのほうがリスキー(タクシー強盗多発)じゃから、
やっぱり地下鉄でいこうと思い、
乗り込んだ。

後ろに背負っとるバックパックは最悪ナイフでさかれてもいいや
と開き直って
前のカメラ入りのリュックだけを死守。

そして、なんとかサンフェルナンド館に到着。

IMG_5353.jpg


サンフェルは特に表札もなんもないけぇ、
学生時代に初めて来たときはどこかさっぱりわからんかった。

当時はまず他のホテルに泊まって、
サンフェルへ行こうと
そこらへんのタクシーの運ちゃんにサンフェルナンド教会(この近くにある)へ
行ってくれと伝えた。

あまり治安のいい地域じゃないらしく、
若いメキシカンの運ちゃんは
本当にこんなとこにホテルがあるのか?
本当にここでいいのか?
と降りるとき、何度も確認してくれた。

それから、降ろされたもののいったいどこにあるんじゃろうかと右往左往しとったら、
ホームレスのひとたちが何人かおって何も聞いとらんのに、
みんな同じ方向を指さしている。

怪しいと思って、
敢えて反対方向に行ったんじゃけど、
その指さしてくれとった方向にサンフェルはあった。

鉄格子の中に赤ちょうちん。
どうやらこれが目印だったらしい。

入るには鉄格子の奥にあるインターフォンを押すと、
中から宿泊客のひとが誰かを確認してから
解錠してくれるという仕組み。

よくよく考えたら物騒なホテルじゃわw

IMG_5894.jpg


朝8時からは朝食の時間。
毎朝、パンとジャムがサービス。

1階のテーブルを囲んで、
みんなで食す。

サンフェルに宿泊しとるひとはほんまに多種多様なひとが
おって面白い。

長期旅行者、脱サラ旅行者、学生、プロレス修行やボクシング修行しとるひと、
今回はなんと亀田兄弟三男がずっと泊まってました。

さすがに亀田三男はなかなか下におりてこんかったけど、
他の人は1階でよく話す。

いつ来たんですか?旅行はいつまでですか?これからどこへ?

とか、大抵そんな話から始まる。
ブラジルから旅行始めて1年目とか、
有給で1週間だけとか、気づいたらここに3ヶ月もいる・・とか
バッググラウンドは様々。

こうゆう旅行者との出会いも旅の醍醐味のひとつでもある。

毎日いろんなひとが来て、
そして出て行く。

さて、今日は何をしよう。

テオティワカンという遺跡へ行くことにした。
ここは前に来たときにもいった遺跡で
個人的に好きなところ。

紀元前100年頃~紀元後700年頃に繁栄しとったといわれる
都市遺跡。

太陽のピラミッドと月のピラミッドと二つのピラミッドがあり、
太陽のピラミッドは世界で3番目の大きさ。

よくもまぁ、
こんなところに大量の石を運んできたなぁ、
なんて小学生のように感心。

IMG_5907.jpg

IMG_5900.jpg

IMG_5917.jpg
スポンサーサイト




亀田にあいたい。。。
【2007/10/01 01:25】 URL | れいじ #-[ 編集]
とくちゃん、バス「発車」のはずが、「発射」になってるよ(笑)
最終日の日記、楽しみにしてます。
【2007/10/01 23:26】 URL | #-[ 編集]
礼志>亀田ちいさかった、けどイカつかったw
もし、ちょっと絡んだ殴られたりしたら、それはそれでオイシイかも・・とちょっと思いましたw

かんたろう>発射でいいんよw
ってか、フライングしたなw
ナイス♪
【2007/10/01 23:43】 URL | akrizm #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Como Beppu No Hay Dos!!, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。