上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また週末がやってきました。
来週はもうクリスマスらしいね。
はやいはやい。

土曜日は、ひとまず日本橋にある自転車屋さんへ
行って新しいパーツを組んでもらう。

それから、秋葉原・上野方面へ向かいながら、
今日どこに行こうか考える。

下町っぽいところに行きたいなぁ。

そうだ、柴又へ行こう。

柴又は「男はつらいよ」の寅さんの生まれ故郷として有名な場所。
実際、映画は一度もみたことないんじゃけど。

shibamatastation.jpg

shibamatastreet.jpg


下町情緒溢れる素敵な町でした。

柴又駅前には寅さん像が立っており、みんな記念撮影をしている。

老夫婦がおばあちゃん、おじいちゃんと交互に寅さんとの写真を
撮っとったけぇ、「(ふたりの写真を)撮りましょうか」と声をかけた。

おばあちゃんはもともと宮崎出身で、ずっと東京に住んでいるらしい。
おいらが大分の大学に通ってたんですよ、
という話をすると「となりね!」と、とても喜んでくれて、握手までしてくれた。

素敵な夫婦でした。

おいらも歳を取ってもずっと仲良い夫婦でありたいなぁ。

torasanhuuhu.jpg


柴又のもうひとつの観光名所は矢切の渡し。
有名なんかもしれんのんじゃけど、柴又に着いてその存在を知った。

これは江戸時代初期からある渡し舟。

江戸川を挟んで柴又側は東京都。
川を渡ると、千葉県になる。

今ではもうモーター付きになっており、
あまり風情はないw

yagirinowatashi.jpg


shibamataokashi.jpg


yakitorishibamata.jpg


最近は16時を過ぎると薄暗くなってくる。

そうすると、
商店街の焼き鳥屋さんが活気づいてくる。
その店先にはなんと大好物の牛もつ煮込みが!

店先の椅子に座って衝動食いをしました。
あ~、うまい。

よく煮込まれた牛もつ。

最高・・。

shibamotsu.jpg


自転車でふらりふらり旅しとると、
東京ってほんまに色んな顔があるんじゃなぁと思う。

初めて東京に来たのは高校1年の夏。
父さんから、東京でも行ってこいと言われひとりでやってきました。

渋谷、原宿、新宿・・。

聞いたことある町で買い物だけして帰ってきた記憶がある。
買い物は便利じゃけど、住むとこじゃないって思った。

最近、ちょっぴり考えがかわった。

渋谷、原宿、新宿ってと東京を代表するような町かもしれんけど、
そんなとこに住むひとは誰もおらんしなぁ。

もしかすると、下町が東京のほんまの姿なんかもなって。

東京も捨てたもんじゃないね!
スポンサーサイト




いい日記やなー
【2006/12/18 21:49】 URL | たかお #-[ 編集]
たかお>たかおが住む松戸にも色々素敵なもんころがっとると思うよ!今度、松戸まで攻めますw
【2006/12/19 00:40】 URL | akrizm #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Como Beppu No Hay Dos!!, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。