上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のんびり起床。
といっても、朝の9時。

アンコールワットもトンレサップも行ったしということで、
今日はチャリンコでぶらぶらすることに。

しかし、空はあいにく曇り空。
雨もポツポツ降っている。

・・・とはいえ、ここはカンボジア。
雨じゃけぇ、ちゃりんこ乗らない何ていうことは
ここでは通用しませんw

早速、ゲストハウスでチャリを借りて旅に出た。

yasuyocharinko2.jpg

shemlimachinami.jpg

charinkogirls.jpg


アキーラの地雷博物館、キリングフィールド、オールドマーケットと近場のエリアを回った。

その後、いったんゲストハウスへ。
やっちゃんはちょいと休憩するというので、
今度はひとりでちゃり旅。

どこへ行くとかいう目的は一切なく、
気の向くまま走り続ける。

幸い方向感覚が割とあるほうじゃけぇ、
迷子にはならない。

シェムリ川沿いを走っとったら、
仲良く方を並べて釣り糸をたらしとる親子を発見。

近寄って様子を見てたら、男の子が「お前もやるかい」
とばかりに釣りセットを貸してくれました。

木の枝に針つきの糸を巻いているだけ。
餌のミミズはそこらへんで掘って探す。

これをちょこんと川縁にたらして、
あとはひたすら待つだけ。

一回だけ、魚がかかったけど
バラしてしまいました。

男の子が色々アドバイスをしてくれるんじゃけど、
クメール語じゃけぇ一切わからず。

fihinfoyako.jpg

fishinggg.jpg

foshingboy.jpg


結局、一匹も釣ることができんかった。

男の子に別れを告げ、今度は6号線というシェムリを横断する一番大きな道をひたすら東へ走ってみる。

一体、何があるんかはわからんけど、とりあえず走ってみる。
すると、20分ぐらい走ったところで大きなマーケットを発見。

marcketpusaru.jpg

niwatoribiker.jpg


とりあえず、チャリを止め、
マーケットへ。

見た感じ、観光客用というよりは
現地の人たち向けのマーケットといった感じ。

というのも、おみやげの類のようなものは一切ないし、
売り場のおっちゃんおばちゃんも英語が通じない。

物価も安い。
街中で買うと2000リエル(50円)取られる水が
500リエルで買える。

うろちょろしとったら、
カンボジアのデザートの屋台を発見した。

combodianswees.jpg


結構、おいしそう。
特に黒いゼリーともち米みたいなやつ。

どうやって注文するんじゃろう、
と思って眺めとったら、お客のおっちゃんに声をかけられた。

英語が通じんけぇ、何言っとるかはわからんけど、
とにかくここに座れ!というようなことを言っとるみたい。

言われた通りおっちゃんの横に座った。

すると、おっちゃんは屋台のおばちゃんにこいつにこれとこれをやってくれというようなことを言ってくれた。

おっちゃんが選んでくれたのもまさに、
黒いゼリーともち米のやつ!

なかなかおいしかっただす。

満足そうに食べとるおいらを見て、
おっちゃんもうれしそうにして席を立っていった。

それから、しばらくして全部食べ終え、
屋台のおばちゃんに幾ら?と尋ねると
手を左右にふり、いらないと言う。

どうやら、さっきのおっちゃんが払ってくれとった
みたい。
なんて優しいおっちゃん!
オークン(ありがとう)!!
iioyajisan.jpg


やっぱりカンボジア大好きじゃなぁ、
としみじみ思った。

それから、タケオに戻ってのんびり過ごした。

夜はタケオの唐揚げ定食を食べながら、
ニュースを見とった。

すると、、、ニュースで
「タイで軍事クーデター・・」

なぬいーー!!!

詳細はよくわからんけど、
タイでクーデターが起こったらしい。

明日のバスでまたバンコクに戻るのに。
しかも、帰りの飛行機は土曜日の早朝バンコク発。

ちゃんと帰れるかどうか不安になってきた。

学生時代であればどうとでもなるけど、
今は社会人ならぬ会社人じゃけぇ
自分の問題だけでは済まされない。

もしバンコク空港が閉鎖されたら、クアラルンプールから帰ろうか、
それともシンガポールからにするか。
いや、いっそのことプノンペンまで出て・・。

まぁひとまずここで取り乱してもしょうがないし、
ということでネットカフェへ。

外務省の海外安全情報をチェックすると、
安全大国のはずのタイが「渡航の是非を検討してください」となっていた。

何かようわからんけど、えらいことになったみたいだ、
とは思いつつも空港は封鎖されとらんし、平常通り便の乱れもないみたい。

ひとまず、安心。
とにかく明日の朝、またタイへ戻ります。
スポンサーサイト




いいブログだね。普通のブログはおもしろいけど、旅行記はきれいで、写真も言葉での表現の仕方もすごく好き。写真きれいに撮れてるね。やっぱデジカメはきれいだなぁって思って、実家で親のデジカメを虎視眈々と狙っております。ヒヒッ☆
【2006/10/12 11:01】 URL | えみ #-[ 編集]
えみ>ほほほw
コメントありがとう!
デジカメはほんまにキレイよねぇ!カンボジアは特にみんなの笑顔とかもいいし、被写体がいいけぇいい写真がいっぱい撮れるよ☆これからもたくさん写真撮りたいわぁ!!
【2006/10/13 01:37】 URL | akrizm #-[ 編集]
どきどきどきどきどきどきどきどきどきしたぞーー!!やべーーー!!俺もまた行きてーーーー!!!
【2006/10/22 23:27】 URL | ひろすーけ #-[ 編集]
ひろす~け>俺も行きたい。。。。。。。
1週間とかじゃなくて、やっぱり長期で行きたい。。。。。。。
あぁぁぁぁ!!!土日はいつもそればっか考えとるよw
【2006/10/23 23:11】 URL | akrizm #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


クメール語クメール語(クメールご、)は、オーストロ・アジア語族のモン・クメール語派に属する言語。カンボジア語とも呼ばれる。カンボジアでは、全人口の約9割を占めるクメール人(約1400万人)が話し、カンボジアの国語および公用語となっている。さらに、隣国タイ王国| アジアで使われている言語【2007/04/02 20:55】
| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Como Beppu No Hay Dos!!, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。