上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンコクでゆっくりする暇もなく、今日はカンボジアへ。

まずカオサンからタイ側の国境のアランヤプラテートまで
約5時間のバス移動。
それから、カンボジア側のポイペトまで歩いて国境を越える。
国境を越えてから、カンボジアのシェムリアップという町まで約6時間。
(ちなみに、この6時間にはからくりがある・・これについては後ほど)

朝6時には起床。
6時半に昨日の旅行代理店前に待ち合わせ。

荷物をまとめてチェックアウト。
旅行代理店まで歩いて5分。

旅行代理店の前には誰もいない。
一番乗り。
それからパラパラ集まり出した。

最初のミニバスは結構快適。
キレイなハイエースで空調もよく効いている。

ということで、出発!!

autobustoayantmprate.jpg


・・・。

ZZZZZZ・・・。

昨日の疲れか、車内で熟睡。
気づいたら既に国境手前のレストランまで到着。

レストランで昼ごはん(もちろんFridRice)を食べる合間にカンボジアのVisaを代理で取得してきてもらう。
手数料取られるけど、しょうがない。

Visaを取得して、いざカンボジアへ。
タイ側のアランヤプラテートは混沌とした町。

勝手に国境を越えてきたカンボジアの子どもたちがうろちょろしていて、何かすろうと観光客の隙を狙っていたり、お金をくれとせがんだりしてくる。

あまり長居はしたくない町だ。

早々にイミグレまで行き、無事カンボジア入国。

ayantenpuratoo.jpg

kingdomofcombodia.jpg


カンボジア側のポイペトに渡るとまた町の様相が変わる。
タイでは基本的に道路はアスファルトだったが、カンボジアではそれが土にかわる。
家屋もコンクリ製のものは一部で、ほとんどが木造。

あぁ、アジア。

bikers2.jpg

truckboys.jpg


歩いて国境を越えたら、バス停まで移動しバスを乗り換える。
ここからのバスがぼろい。
ハイエース何かでなく、日本で廃車にされたどこかの幼稚園の通学バスといった感じ。
これでもカンボジアの悪路をこれでひた走れるんじゃけ、日本製の車はすごいなぁと思う。

ポイペトからシェムリアップは一本道。
直線距離にすると約100kmちょいしかない。
しかし、この距離を6時間かけて走る。

もちろん道がデコボコで道が悪い、という理由もあるんじゃけど、
実はそういうことじゃない。

カオサン発のツアーは、必ずバス会社提携しているレストランと商店で計1時間半ぐらいの休憩を取る。

そして、わざとシェムリアップへの到着時刻を遅らせる。
(21時以降)

このバスの終点はシェムリアップの中心部・・ではなく、ちょっと裏道に入った人通りの少ないゲストハウスの前に停まる。

そして、「ミンナ、ココニトマレ!」ということになる。
周囲は暗く人通りもないところだけに、みんなここに泊まる。

まぁそれだけならいいものの、基本的にそれだけではな終わらない。

「アナタアシタドウスル?アンコールワットイク?バイクチャータースル?」

と、どんどん相手のペースにはめられてしまうというカラクリがある。

rainyseasons1.jpg

rainyyyseasons.jpg


今回も例外なく、そうだった。

2回の休憩があり、到着したのは21時過ぎで人通りが少ない裏通りのゲストハウス。

別にここに一泊して、明日宿を探してもいいんじゃけど、
こんな不便な場所は嫌!

ということで、「ココニトマレ、ワタシノシリアイ、アンシンヨ!」というガイドにホテルもう予約しとると伝え、
何となくの土地勘を頼りに大通りを目指す。
(予約はしとらんけど、タケオという日本人宿に泊まるつもり)

あたりは真っ暗で、あまり治安はよくなさげ。
今回はやっちゃんも一緒なだけに、ちと不安。

すると、暗い道から大きいマフラーの音を立てて男二人組がむかってきた。

ひとりが「タケオゲストハウス」と書かれた白いA3大の紙を持って、
乗れ乗れとせがんでくる。

大通りまでどれぐらいあるのかもわからんかったし、歩くには距離もありそうだったけぇ、乗ることに。

そして、値段交渉。

1ドルと言ってきたけど、1000リエル(25円)まで値切った。

そして、「ゴールデンタケオには連れて行くなよ!」と念押し。
(前回、だまされました・・※3月のBLOG参照)

バイタクのひとりの兄ちゃんのツゥクツゥクに乗り、タケオまで。
すると、もうひとりの兄ちゃんが並行して付いて来る。

「明日はどうするのか」「アンコールワットか」「チャーターしないか」

しつこいしつこい。

そのしつこさに腹が立ち、いいから早く行け!と強く言うと、
「チャーターしてくれないなら、タケオまで1ドルだ」と言い出す始末。

たがたが100円をケチって変なトラブルに巻き込まれたくもなかったし、
1ドル払うことにした。

そんなこんなでタケオに到着。

運良く部屋が空いとってチェックイン。

明日はアンコールワットへ!
スポンサーサイト




あーーっ!!俺のカバーン!!!!
使ってくれとるとか、ちょっとうれしいっすv-10
【2006/10/04 04:05】 URL | yoshikixx #-[ 編集]
yoshikixxx>ほほほw
愛用させて頂いておりまっす!!
【2006/10/04 23:10】 URL | akrizm #-[ 編集]
携帯の電源切れとると思ったら、外国行っとったんか!
【2006/10/06 01:02】 URL | こうげ #-[ 編集]
こうげ>またイタズラ電話してきたんかっ!!w
【2006/10/07 10:02】 URL | akrizm #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Como Beppu No Hay Dos!!, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。