上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほんまは土曜日は初写真展@鬼子母神じゃったのに、
雨天中止でした。

残念。
ここんとこずっとキレイな青空の日が続いとったのに。

次の機会にまたやろう。

そこで、ずっと作ろう作ろうと思っていた
ホームページをつくることにしました。

ヨドバシカメラでHP制作ソフトを色々眺め、
購入。

ちゃんとドメイン取って、サーバーまでレンタルするのは
初めて。

悪戦苦闘しながら、
何とか形だけできました。

中身はこれから充実させていくけぇ
みなさんよろしければ見てくださいな!

こんなコンテンツが欲しいやらアドバイスやら感想でも
いいので、
コメント頂けるとうれしいだす!

http://www.akrizm.com/index.html
スポンサーサイト

営業中のこと。

ふと秋葉原駅前を通っていたら、
人だかりができていた。

何やらマジックをやっとるらしい。

紙でできたサンタの人形が
声をかければその指示通り動くという。

いや、そんなばかな・・
と思いつつ気になり、
足をとめた。

すると、あら不思議。

20代後半ぐらいの若いにいちゃんマジシャンの
「飛べ!座れ!」に合わせ、
なんと、紙人形が動くではないか。

周囲に外国人もおり、
「He can understand English, Jump! Sit down!」

なななな、なんと
それに合わせまた紙人形が指示に合わせ動く。

こりゃ、すごい。

今思えば明らかにあやしいんじゃけど、
そのときはあやしい紙人形の虜になってしまった。

これは科学や論理の世界じゃ説明不可能なんだ。
すごいやつなんだ、と思いこんでいた。

そりゃ、おれも自由自在に操りたいぜと思うのは
しょうがないところである。

そう考え始めたのと絶妙なタイミングで、
「これ、1000円です。」とのキラー文句。

みな、欲しいはずじゃけど、
日本人特有のちょっとこんなとこでみんなの前で買うのは
ちと恥ずかしい。

そんな、オーラが流れていた。

自分もそんな気持ちだったんじゃけど、
その気持ちとは裏腹に体は動きだし、
胸ポケの財布から1000円札を取り出していた。

「このサンタのやつください」
気づいたら口走っていた。

それを境に、周囲の緊張の糸がきれた。
次々にサラリーマンのおっちゃんやら、兄ちゃんやらが1000円札をさしだした。

皆、この紙人形でエースになりたかったのだ。

おいらもこの人形を自由自在に操り、
皆からすごいすごい言われるシーンが脳裡に描けていた。

すごいものを手にしてしまった、とウキウキわくわくしながら、
電車に乗り、袋を開けた。

・・・・・・。

中身は、サンタクロースの紙人形と・・・

タコ糸・・・。

・・・・・。

だまされたぁ!!!!!

そんなばかな、
声をかけたら指示に従って
動くんじゃないのか。

~説明~
糸をつけ、人差し指で操ってください。
2名でやると効果的です。

ってこら~

いや、冷静に考えれば当然なんじゃけど、
ちょっとショックだった。

でも、ちょっとだけいい夢みれましたw

今日は結婚式の2次会の撮影依頼を受け、
丸の内のとあるレストランへ行ってきた。

12月初旬に会社先輩の弟さんの
結婚式を撮影させてもらったことが縁で、
そのお嫁さんから知人の結婚式2次会の撮影を頼まれた。

週末カメラマンですw

そして、今回の結婚式2次会、
新郎新婦が所属するサンバ―チーム関係者が多数来られており、
合間の余興はもちろんすべてサンバ。

今までサンバといば、
マツケン。

「マツケン サンバ~♪」
しか、聞いたことがないし、
ブラジルの陽気な音楽じゃろうとしか知らなかった。

初めて聞く本場のサンバ。

バテリアと呼ばれる太鼓やらタンバリンやらを持つ楽器隊が
音を奏でる。

演奏が始まった瞬間、
全身に鳥肌が立った。

想像を遙かに超えた音量、勢い、
そして、力強いリズム。

一言で言うと、
生命のリズム。

耳を通り越して、
心の奥底に響く。

周囲はサンバチームの面々だけあり、
そのリズムに合わせて足や腰を激しく
動かす。

シャッターを切るのを忘れそうになるほど。

フロアは決して暑くないけど、
気づいたら額が汗ばんでいるのに気づく。

異様な熱気と興奮。

花嫁さんはウェディングドレスのまま踊り、
さっき静かに席にいた妊婦さんも気づけば踊りだしていた。

サンバ恐るべし。

samba wedding


行かなければいけない国リストに
ブラジルが追加されました。

リオのカーニバルに行くべし!

そして、こういうのは撮影するんじゃなくて
参加するのが一番楽しい。

もしかすると、
サンバチームに入るかもしれませんw

乞うご期待。

昨日は、
市岡ゼミの忘年会でした。

大学3年の1年間はゼミゼミゼミの日々じゃった。
授業は適当にこなしとったけど、
ゼミだけは本気でやった。

関東近辺で働いている先輩、後輩、そして同期。
中には岡山、名古屋からも駆け付けてくれ
総勢14名が市岡家へ集合。

先生にお会いするのは卒業式以来。
お元気そうでよかったです。

なつかし話に花を咲かせ、
みなの近況を報告し合いました。

やはり個性的な集団だと再確認w

みな色々な方面で活躍しとるみたい。

こういう集まりはこれからも
定期的にやっていきたいものです。

IMG_9590.jpg

「はぁーーい」

IMG_9358.jpg


ゆあちゃんが
とうとう新しいことばを覚えました。

「あめちゃんたべたいひと~」

「じゅーすのみたいひと~」

と聞くと、
「はぁーい」と右手をあげる。

欲しくないものを聞いても
何も答えてくれないw

子どもの成長はほんまに早い。

次会うときには
なにを覚えとるかな。

楽しみ楽しみ。

ようやく打ち解けてきたもんね。

IMG_9502.jpg

IMG_9554.jpg


ちなみに
こでら家にはしっかりしたマニュアルがある。

『見覚えのない訪問客が来たときのマニュアル』
である。

だんなのやさしさを垣間見た
瞬間であった。

IMG_9470.jpg


あー今月もまた終ったなぁ。

早い・・

なんて毎月思いよったら
気づいたら年も終わるね。

おそろしや。

10月から新たなクオーターのスタート。

そのはじまりの10月は部でMVPじゃった。
でも、自分の中では不完全燃焼。

その不完全燃焼のまま11月に突入し、
今月はその勢いのまま終わった。

結果だけをみれば、
11月も全指標グロスは部で一番という
ありがたい結果に終わった。

もちろん
頑張ってないわけではない。

でも、何かが違う。

それなり。

こなし。

弱きに流されつつある自分があった。
もっとできるはず。

12月は自分が満足できる仕事をすることに
決めた。

100%じゃなくて、120%、150%の力をだす。
自分がきめた100%なんて実は本来の自分の力の
半分ぐらいなんじゃないかと思う。

なんかこんな文章を書くと
すごいストイックに仕事に取り組む仕事人間みたいじゃけど、
そんなわけじゃありません!

何事も楽しくしたいっていうのが
根本にあるし、どちらかというと自分に甘いタイプ。

ただそれを自覚しとるから、
尚更、意識せんといけん。

環境はほんまにめぐまれとるけぇ、
頑張らないと罰があたると思う。

上司、同僚、後輩、いいひとたちに囲まれ、
いまの自分がある。

あまりというか全く会社を会社と思っていない。
やらされ感はいっさいないし、
どっちかというと学校にちかいw

12月またゼロからのスタート。
自分が納得できる仕事、やりきろう。


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2007 Como Beppu No Hay Dos!!, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。