上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりにゆあちゃんに会いに
行ってきました。

メヒコのおみやげをずっと渡せとらんかったし。
オアハカの市場で一目ぼれした刺繍がかわいい
ワンピースとサボテン柄の小さなカバン。

もう何度も何度もおじさんと会っとるはずなのに、
いまだに再会したときには号泣。

感動の号泣・・じゃなくて、
恐怖の号泣w

うぎゃーーーー!!
と尋常ではなく
お化けがやってきたとばかりにおお泣き。

いったいいつになったら
味方とわかってくれるのやらw

IMG_3377.jpg


まぁそれもららぽーとに着いたころには和解。

パパママ離れて、
おじさんが抱っこしても高い高いしても
嫌がらず笑顔をくれます。

次行くころには
そろそろ
おじさんのことも覚えとってねw

IMG_3440.jpg

IMG_3429.jpg

スポンサーサイト

怒涛の日々が今日でようやく落ち着いた。

メキシコから帰ってきてから、
1週間ぐらいはメヒコ病に侵されとったんじゃけど、
それから立ち直ったのも束の間。

「じまこん」の準備でてんてこまいじゃった。
じまこんってのは、自分の仕事をナレッジ化して、共有する
いわば社内版ビジネスコンテスト。

144チームエントリーされとって、
12チームが本選に出場。
本選は約500人の前でプレゼン。

普通はチームで取り組むんじゃけど、
なぜかひとりでエントリーw

144チームでるなら、
まぁ予選敗退じゃろう・・と思っとったら、
まさかの予選パスで本戦出場決定・・。

しかも、決定を知ったのが、
メキシコから帰国後、最初の出勤日。

それから、Mgrと一緒に悪戦苦闘しながら、
取り組んだ。
土日もじまこんのことを考え、
日常の勤務終了後にパワポ作成。
ほぼ未経験のパワポにもかなり苦労した。

本番1週間前の取締役向けリハはパワポどころか、
内容もぐちゃぐちゃな状態でプレゼン。

じまこんの準備で日常の営業活動も満足いくようにできず、
ほんまに自分が発表すべきなんじゃろうか、
とかも真剣に考えたけど、
「出場」の現実は変えられないし、
時間は過ぎていくばかり。

冗談じゃなく、
本気で逃げたい気持ちになりながらも、
自分が当事者じゃから
逃げるわけにもいかず。

そして、最後の最後まで考え抜いて、
何とか本番前日にパワポ提出。

前日は終電間際まで
Mgrと何度も何度もプレゼンの練習。

そして、19日。
BSDVのキックオフ。
じまこん本番。

夜寝たのは遅かったものの、
朝はスンナリ目覚めることができた。

そして、今までとちょっと違う意識の
自分がいることに気がついた。

ずっと嫌々じゃったじまこん。
それが、純粋に「伝えたい」という強い思いを
持っとる自分がいた。

土日も営業の移動中も真剣に考え続けとったじまこん。
本当に本気で取り組んだからこそじゃろうなぁと思う。

そして、キックオフスタート。
前期の表彰にはじまり、じまこん、演芸大会と続く。

ちなみに12チーム中、順番はなんと12番目。
オオトリw

持ち時間9分間じゃから、
約1時間半待ち。

そして、いざ、本番へ。
500人の前の檀上にあがるのはすごい緊張したけど、
本気で取り組んできたこと、そして、本気で伝えたいという思いで
9分間語りつくした。

情熱と勢いで伝えたかったけぇ敢えて原稿は用意せんかったんじゃけど、しっかり準備をしとったおかげていい流れで話せた。

1ヶ月間、もやもやしとったものが、
すごいスッキリした。
悔いなし。

よかったよかった。

そして、その後の表彰発表。
BSDVの社員全員の投票で決まる。

12組中の中から
3組が最優秀賞に選ばれるんじゃけど、

なんと選ばれました!

営業でMVPとかVPで表彰されたときよりも、
うれしかった。

自分が伝えたかったことは伝わったんじゃといううれしさと、
もうひとつは、
自分で壁を乗り越えられたんじゃないかということ。

いやでいやでたまたんかったものが、
最終的には賞にまで選んでもらえた。

自分には無理じゃと勝手に思っとったのに、
想像以上の最高の成果をだせた。

本気で取り組んだからこそ。

本気になること。
自分で自分に壁をつくらないこと。

この会社、Mgrから学んだかけがえのないことじゃと
思う。

壁をつくるのも、壊すのも自分次第。

表彰後、
宴会中に社長が直々によかったよ、と手を握り言いにきて頂けたり、
DV長からも投票数お前が一番多かったよと言って頂けた。

これからもまだまだたくさんの壁にぶつかり続けていくんじゃろうけど、
ひとつずつ乗り越えていこうと思う。

小さなことじゃけど、
ちょこっとだけ脱皮できた気がする。

明日の朝の飛行機でメヒコを発つ。
長かったような、短かったような。

最後の日じゃからと特別なことはしない。

ただ、明日16日はメキシコの独立記念日。

でも一番熱いのは
実は今日15日の夜。

1810年の9月15日の夜11時、
今のメキシコシティのソカロで宮殿にある鐘を打ち鳴らして
スペインからの独立宣言
をしたと言われている。

その後は毎年、15日の夜11時に歴代の大統領がソカロの宮殿にあがり、
鐘を打ち鳴らしながら「VIVA MEXICO!!(メキシコ万歳)」「VIVA LA LIBERTAD!!(自由万歳)」と
叫ぶらしい。

そのため、その時間に合わせて数十万人のひとびとが集まってくる。
メキシコではクリスマスや年末年始よりも、
この独立記念日が一番盛り上がるという。

朝からソカロに集結するのがすごい楽しみ。
でも、とりあえず昼過ぎまではのんびりシティを歩いてまわった。

Tianguis Cultural Del Chopoと呼ばれる
毎週土曜日に開催されるマーケットへ。

ここはシティ中のPUNK、ハードコア、レゲエ等の音楽を愛する若者たちが集結する面白いところ。

モヒカン、刺青、ゴスロリ、アンダーグラウンドなメキシカンが
たくさんおって人間観察しとるだけで面白い。

是非、礼志に一度訪れてほしい。
意気投合するかもしれんw

IMG_6259.jpg

IMG_6257.jpg

IMG_6246.jpg


それから、またゆっくり気の向くままシティを歩いて
宿に戻った。

今日のサンフェルは満員でソファをベッドに使うほど。
1年を通して独立記念日が一番宿泊者が多いらしい。

何人かの宿泊しとるひとと一緒にソカロへ行きましょうか
っていう話をしとったんじゃけど、
最終的には「みんなでいきましょう」
ということになった。

とりあえず、ソカロで23時に一緒に「Viva Mexico!!」と叫びたいという有志を募り、
何とJaponeses19人で行くことになったw

たまたま買っとったメヒコクレヨンで全員顔を
Vivaメヒコ仕様にして、いざ出陣。

ウェポンを片手に・・。

IMG_6365.jpg


サンフェルからソカロまでは歩いて約20分。
だたでさえ日本人少ないのに、
夜道を歩く19人のJaoneses侍。

メキシカンもなんだこいつらと唖然としていましたw

ただソカロまでの道のりはまさに戦場。

メヒカーノスもウェポンを常備しており、
誰かれ構わず攻撃。

奇襲、カウンター、突撃、
何でもあり。

ソカロへ近づけば近づくほど
激戦地へとかわっていく。

年齢性別関係なしのまさに無差別級。

これだけアドレナリンを放出したのは
生まれてはじめてかも。

IMG_6372.jpg

IMG_6367.jpg


人もかなり多くて、19人のJaponese侍も気づいたら
バラバラになってしまった。

むしろ、気づいたらひとりw

カメラを撮るの・・というよりは、
守るのに夢中で迷子になってしまった。

まぁいっかと開き直り、ソカロ中心地へ向かう。

IMG_6403.jpg


ひとをかき分け、
前へ進む。

すると、
Japoneses侍たちを奇跡的に再発見。

やっぱり全員はおらんかったけど、
5、6人で一緒に前へ進み
かなりいい場所を確保した。

ソカロのステージではマリアッチや楽団の陽気な演奏があり、
かなり賑やか。

その陽気な音楽が突然とまり、
パーパッパッパパッッパーとラッパ音に変わった。

そして、陽気な音楽から
ちょっと上品なラッパと打楽器の生演奏にかわった。

時計を見たら、
ちょうど22時50分ぐらいだった。

IMG_6460.jpg


大統領が宮殿に登場。

ソカロにいる数十万のメキシカン達のテンションも最高潮に達し、
とうとう大統領が鐘を打ち鳴らした。

そして、「Ⅴiva Mexico!!」と叫ぶと同時に、

国民も

「Viva!! Viva!! Viva!!」
と叫んだ。

もちろんおいら含むJapones侍たちも
腹の底から叫んだ。

IMG_6465.jpg


次の瞬間ソカロの教会近くから
花火があがった。

全身から鳥肌が立っていた。

やばい、やばい。

頭のなかではそう連呼していた。

この状況をもっとうまく伝えられるような表現力が自分にもあればいいんじゃけど、
自分の乏しい表現力では、頭の中をやばいの3文字が駆け巡っとったとしか言えない。

IMG_6499.jpg


そのまま宿へ戻り、
興奮状態のままベットで横になり、少しだけ仮眠をとった。

朝4時にタクシーを呼んで空港へむかう。
たまたま帰りのタクシーも行き空港からサンフェルまで連れて行ってくれた
アルナンドじゃった。

数日前にたまたま会って、
実はあれから地下鉄でサイフ取られてしまったという
話をしたときに、
本当に心底悲しんでくれたやさしいおじちゃん。

空港までは30分程度で到着。

アルナンドにお礼をいい、
お金を払った。

そして、朝早い時間に迎えに来てくれたし、
いいおじちゃんじゃから
チップを50ペソ渡した。

すると、アルナンドは
「受けとれないよ、アミーゴ」
とチップを返してきた。

朝早く来てくれたし、
もう日本に帰国するけぇペソも使わないんだと
説明したら、

口元を少しゆるませ、
軽く首を左右に振りながら

「やっぱり受け取れないよ。サイフ盗まれてお金も少ないだろう、大事にしてくれ」
と言ってくれた。

アルナンドはサンフェルと契約しとる運転手のひとりじゃけど、
普段は普通のドライバー。
メキシコの中でもお金持ちというわけでもなく、
どちらかというと貧しいほうじゃと思う。

アルナンドの温かさ優しさに敬意を示し、
「Muchisimas Gracias, Nos vemos,amigo」
と固く手を握り
別れを告げ、搭乗口へ向かった。

こうして、
メヒコ旅行は幕を閉じた。

しょっぱなサイフを盗まれ最悪な状態で始まったものの、
メキシカンと共に独立を祝い、最後の最後にアルナンドのやさしさに触れることができたし、
今までの旅行の中でも特に思い出に残るものとなった。

また今回の旅行では
いろいろと考えさせられた。

貧困の問題。
海外で初めて被害にあった。
でも、それはやむおえないとも思う。
階級社会のメキシコでは、
貧しい人がお金持ちになんていう道はほとんどない。

みなせっせと働いている。
タコス屋、歌うたい、物乞いさえも仕事のひとつ。
頑張っても、1日の稼ぎはたいしたものにはならない。

日本の旅行者からサイフでも盗めれば
1ヶ月分の稼ぎがすぐに手に入る。

そうゆう状態では、
サイフを盗まれるほうが悪いとも思える。

逆に、選択肢が多い日本では、
それはそれで苦しめていたりする。

何でもできる可能性がある。

すごい幸せなことじゃけど、
その膨大な選択肢の中から選ぶということは
相当な苦悩を要する。

あとナショナリズム。
これだけ国民が一体になり、
国を愛せているのは本当にすごいと思った。

日本の格差とは比べ物にならないほどの
格差社会でもあるメキシコ。
大半は経済的に貧しいひとたち。
それでも、国を愛し、誇りに思っている。

そして、アルナンドからはひとへの思いやり、
を学んだ。

社会人で営業をしとるとふと忘れがち。
じゃけど、とても大事なこと。

まぁとにかく
世の中には色々な生き方があり、
色々な幸せのかたちがある。

やっぱりこれからも
旅を続けたい。

色々な国のひと、価値観に触れ
自分にとって一番幸せなかたちを
見つけ、きずいていきたい。

Mexico, Nos vemos!!

気づけばメキシコ滞在も残り2日。
16日の朝7時のフライトで帰国。

メキシコシティ近郊のプエブラとかクエルバナカとか行く
っていう選択肢もあったけど最後はとことん
のんびりしようと決めた。

いつものお散歩へ。

特に観光地へ出向くんじゃなくて、
ただぶらぶら歩くだけ。

でも、これが何よりも楽しいし、
ワクワクする。

出発してすぐサンフェルナンド教会の横で
おばちゃんと出会う。

こうゆうおばちゃんは
大抵自分のことを
「Joven~(ホーベン:若い青年という意味)」
と呼ぶ。

こう呼ばれるのが結構好きだ。

おばちゃんの友人も交え
いろいろ世間話をした。

立ち去り際に
神の加護があるようにと
カトリックのカードをくれ、
ほっぺにキス。

メヒコではこれがあいさつw

IMG_5936.jpg

IMG_5937.jpg


それから、またいつも通りガリバルディ広場、ラグニージャ、ソカロという
定番のお散歩コース。

すると、何やら騒がしい。

中学校の前の路上で、
学生が泡スプレーをお互い掛けあい、
てんやわんやの大騒ぎ。

仲間同士どころか、
周りの露天や通りがかりのひとも
お構いなし。

ぼ~っと眺めとったら、
「Chino~~!!(※中国人という意味)」
と言われながら泡攻撃をくらってしまいました。

メヒカーノス、特に子どもは日本人を見つけると、
「Chino~」とからかっくる。

日本人と中国人が区別つかんのは分かるけど、
いつも「No!! Soy Japones!!」と言い返してやりますw

そうすると、
こいつちょっとスペイン語が分かるのか!と
興味津々で絡んでくる。

こんな単純なとこも
好きじゃ。

IMG_5943.jpg

IMG_5956.jpg

IMG_6001.jpg

IMG_5990.jpg


やはりこんな予想外な出会い(出遭い?)
観光地歩いとるだけじゃ
でくわせない。

それから、ラグニージャを通って
ソカロへ向かう。

独立記念日に備えて、
メヒコ愛国グッズが盛りだくさん。

国旗の緑・白・赤に町中が染まる。

IMG_6004.jpg


IMG_6083.jpg


IMG_6073.jpg


ソカロにはひとがたくさん集まり、
顔にペイントしたり、
民族衣装を着たりとお祭り騒ぎ。

当日はどれだけ熱くなるんじゃろうと
今から楽しみ。

IMG_6101.jpg

IMG_6088.jpg




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2007 Como Beppu No Hay Dos!!, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。