上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が第三のふるさと、両国駅前に新しくサンクスができた。

丁度、今朝の7時オープン。
8時前に会社に行くとき前を通った。

店の前には店長さんらしき人がチラシとティッシュを配っとった。

その姿を見て、学生時代やったユニクロのバイトのことを思い出した。

大学3年の春休みに広島に帰省した際にたまたまユニクロ柳井社長の『一勝九敗』って本を読んだ。

結構面白くて、ユニクロに買い物に行ってみた。
すると、『新店オープン 長期・短期アルバイト募集』のチラシを発見。

4月初旬には別府に戻らんといけんかったけど、面白そうじゃったし応募した。

店長と面接があって、短期で働けることになった。

このとき確か2月の末。
オープンは3月25日。

オープンまでの一ヶ月間で研修&店作り。

この新しいユニクロはダイアモンドシティっていうでかいショッピングセンターが新しくできて、その中のテナントとして入る大型店。

研修では真冬の寒い屋上駐車場で、ペアを組みお互いの距離を30メートルぐらいとって、

「いらっしゃいませええええええええええ」
「ありがとうございましたああああああああああ」

と、店長の合格がでるまでおらびあったり、

ロープレを繰り返したり、商品・業務テストを100点取れるまでやらされたり。

結構、厳しいものじゃった。
実際に何人かのバイトの子はオープンを待たずにやめていった。

それでも、俺はすごい楽しかった。
店長は厳しいけど、すごい尊敬できた。
よく叱るけど、全部的確。

少しずつ慣れてきて、気持ちがたるみかけてきたなぁ・・、と思いつつあったところで、厳しい言葉が飛んでくる。

観察力すごいなぁと感心した。

他にも、報連相・時間管理の徹底。

作業が与えられれば、「これなら15分以内に終了させます」と、自分で考え、15分後に進捗の連絡。

もし、忘れようものなら、「なんで報告しないの?」と厳しく指摘される。

職場にはいつも緊張感があった。

店長は職場では厳しいけど、仕事が終わってからはやさしかった。
節目節目に飲み会やカラオケを企画してくれたり、みんなの士気を高めようと頑張ってくれた(全オゴリ)。

オープンが近づいてきて、店作りのほうも急ピッチで進められる。

什器・商品の搬入。
什器を全て組み立てて、配られたレイアウトを見ながら並べる。
商品はまずダンボールからだし、そして、ビニール袋からだし、たたむ。
それを、什器にハンガーでかけたり、棚においていく。
大型店ということもあって気が遠くなるような数じゃった。

あと商品の置き方には全て法則がある。

簡単に言うと、
色であれば、左から右に薄い色から濃い色。店の入り口から近いほうから遠いほうに薄い色から濃い色。

サイズは、左から右にSからXL。店の入り口からと近いほうから遠いほうにSからXL。

そして、並べおわってから、再度キレイにたたみなおし、ハンガーをキレイにそろえる。

ここが一番めんどうくさかった。
そして、毎日毎日これでもか、というぐらいの商品が搬入される。

ほんまにオープンまでに間に合うんかいな、と思いよった。

実際、朝の7時まで作業したこともあった。
1ヶ月間で休んだのは2、3日ぐらい。
2週間連続休みないこともあったし。。。

何とか店作りも完了。
そして、とうとうオープンの日を迎えた。

開店時間を迎え、お客さんくるかなくるかな、と期待と不安で胸いっぱい。

最初のお客さんが来店されたときはほんまにうれしかった。

店先に立つ店長の「いらっしゃいませ!!」に続き、アルバイトの子もそれに続く。

何か感極まって涙がでそうでした。

まぁ、そんな暇はないほど、忙しくなって、この日は22時まで働きづくでした。

そして、オープンを迎えて一週間ほどで、新学期が始まって別府に戻った。





・・・・・なーんてことを両国駅前の新しくできたサンクスの店長を見て思い出しました。

ちなみに、それから次の夏休みも短期でバイトさせてもらった。
当時の店長とは今でも仲良く、現在東京本社で商品開発に携わっとるらしい。
来週あたり久しぶりに一緒に飲みにいきます☆
スポンサーサイト

今日の晩御飯は2週間前に作って冷凍しといたカレーと、昨日炊いて冷蔵庫に入れといたご飯をチンして食べた。
それにジャガイモとキュウリのサラダ。

学生時代には考えられんかったこの食生活。

自炊は全くナシ。
あぁお腹減った!と、思ったら外食同盟のアツシかコバに電話して、食べに行ってました。
車があったせいか、ジャージでパッと行って食べてパッと帰ってきてました。
たいがいラーメンじゃったけどw

そんな生活、今となっては考えられません。

何しろ、外食は高い!!
学生時代より少しぐらいはお金にゆとりはでてきたはずなんじゃけど、逆にケチになってしまった。

ケチというか、お金の使い道が変わった。

選択と集中。
お金を使うもんには使って、使わんでいいもんには使わない。

外食は高い。自炊のほうが安いし健康にもよい。
それなら、自炊してお金溜めてドッカーンとホームシアターセット買ったほうがいい。

homethater

今はまだ“集中”して、買うもんはないけど、そのうちドッカーンと“集中”してやろうと思います。

むほほ。

今日はエルサのお姉さんのビューティーとボーイフレンドのアンディと渋谷で会いました。

ビューティーは金曜日に日本に来たばかり!
それまでは香港、オーストラリアで働いとって、この度日本のオフィスに異動することになったそう。

ふたりと渋谷駅のハチ公前で待ち合わせ。

まずはカフェに行って、おしゃべり。

それから、新しい住居をどこにするか相談にのった。
2週間は会社が用意してくれるらしいんじゃけど、それ以降は自分で探さんといけんらしい。

ちなみにオフィスは六本木ヒルズ。

六本木まで40分以内で通えるとこでいいところないかなぁ。

条件は
・2K
・築浅
・15万円ぐらい
・100円ショップが近くにあることw
らしい。

両国なんていいんじゃないかな、なんて。
大江戸線で一本じゃしw

とにかく、東京にもネシアンファミリーができてうれしいだす!!

beautyandandi.jpg


今日はのんびり11時ごろに起床。

洗濯をして、読書。

すると、ウィ~ンウィ~ン。
父さんからメールがきた。

件名:母さん
本文:湯布院いってるよ。

なぬ~!!

昨日書いた通り、今日は湯布院の映画祭でゼミ時代に作った作品が上映される。
ちょっと前にポロっと母さんに電話でその話をしたことがあった。

ほんまに行ってくれるとは!!
おいらの作品が上映されるのは9時半から。
広島から行くのに、この時間に果たして間に合うように行けるんじゃろうか。

まさか上映時間知らずに言ったんじゃないかなって思ってさっき電話してみた。

すると、電話越しに母さんの元気な声が聞こえてきた。

今日の朝6時の新幹線に乗って博多まで行って、そこから特急列車で湯布院まで行ってくれたらしい。
10時に開場に着いて、作品の最後の10分だけ見れたって。

わざわざ見に行ってくれたことがほんまにうれしかった。
ありがとう。

しかも、都甲さん(作品の主人公)も来てくれとったみたい。
母さんと電話中に都甲さんが前を通ったらしく、久しぶりに都甲さんとも話しました。

「今度帰省するときは、広島通り越して、山香(都甲さんの町)まで来んかえ」

この作品を作ったのは大学3年の時じゃけど、こういう風にまだまだ繋がっていけるのはすばらしいことじゃなぁと思った。

今日・明日、ゆふいん文化記録映画祭が開催されます。

28日の午前中には、市岡ゼミの3作品も上映されます。
我が班が制作した作品も上映されるけぇ、時間がある人は是非行ってみてください。

プロのドキュメンタリー作家の方たちの作品の合間に上映されるのは恐縮じゃけど、ド素人の作品にはまたそれなりのよさがあるはず!

ちなみに今日の20時40分からは筑紫哲也のトークショーもあるらしいです。

W杯の代表が発表された。
久保がまさかの落選。

久保が選ばれんかった理由とかは専門家でもないし、よくわからんけど、久保について昔のエピソードを。。。

俺は中学校三年間だけサッカーをしとった。
それもあって、地元のサンフレッチェの試合はよく見にいきよった。
そして、久保は昔サンフレッチェでプレーしていた。

Jリーグ開幕当初はそこそこ強かったものの、久保がサンフレッチェに入団した頃には順位も真ん中ぐらい。
入場者数だって、5000人ぐらいでビッグアーチはいつもガラガラ。

俺がいくたびにサンフレッチェはホームで負けとった。
俺は疫病神かいっ!とつっこみたくなるほど。

ある試合観戦帰りのこと。
いつもの如く、負けてしまったサンフレッチェ。
落胆して帰路につきよったら、関係者出口からスーツにノーネクタイの男が出てきた。

久保だった。

それに気づいた小学生にすぐさま久保は囲まれ、サイン攻めに。
久保はTVと一緒で無愛想。

でも、無愛想にでも、小学生みんなにサインしてあげとった。

その横を他の選手が通りさる。
小学生がサインをもらおうとするも、逃げるように立ち去っていった。
負け試合じゃったし、精神的に疲れとるんじゃろう。
むしろそれが普通のプロ選手じゃろう。

何て久保はいいやつなんだろう、と思いつつ
久保のサインが欲しくて、中学生ながら小学生の波をかきわけかきわけ、サインをもらった。
ついでに一緒に写真まで撮ってもらった。

現像された写真は、引きつった笑顔のおいらと無愛想な久保。
今では宝物・・・のはず、なんじゃけど、なくした。。。

とにかく、久保はW杯代表には残念ながら選ばれんかったけど、いい選手なんです!!

kubokubo.jpg


今日は母の日です。

先週の日曜日にプレゼントを買った。
ムーミンにでてくるリトルミィの木製のツボ押し。

こないだ実家に帰ったときに、ムーミンのツボ押しが三つ飾ってあった。
「これ、ちょうだい」と言ったら、「だめよ!」って言われたけぇ、あぁ母さんはムーミンが好きなんかな、と勝手に思い込んだ。

それで、たまたまアローズでリトルミィのツボ押しを発見して決めたというわけ。

まぁ買ったのはいいものの、忙しくてなかなか送れずにおった
しかも、俺は母の日が土曜日じゃと勝手に思い込んどった。
金曜日の朝、朝一で送らんと届かん!と思い、近くのセブンイレブンに電話して尋ねたけど、届くのは早くとも日曜になると言われる。

こうなったら郵便局に賭けるしかないな、営業中にどっかの郵便局から送ろうって思って会社に行った。

すると、会社で同僚から母の日は日曜日と聞かされる。

Oh マイ コンブ~

ということで、営業中に郵便局に寄り、日曜日着で送った。

それで、母さんから届いたよ、とさっき電話がかかってきたというわけです。

母さんはGW中に父さんと4泊5日で鹿児島・屋久島の旅をしてきたらしい。

50歳過ぎてから人生を楽しむ両親を見てうれしく思います。
これまでずっと父さんは仕事一直線。母さんは主婦一直線。
夫婦で出かけることもつい最近までほとんどなかった。

これからは、ふたりの時間を大事にしてずっと元気でいてくださいな。

最近、自炊をしております。

こないだまではずっと100パーセント外食生活だった。
昼は外回りじゃけぇ、外で食べるし、夜は両国駅前の中華料理屋っていうのが定番。
それじゃとさすがに金欠状態になってしまった。。。
栄養も偏るし。

ということで、先週から自炊スタートした。
レパートリーはチャーハンかチキンライス。
大学4年間の一人暮らしで培ったのは、たったこのふたつ。

さすがに飽きてきたけぇ、今日はカレーライスに挑戦。
ルーはバーモンドです。
カレーといえば、バーモンドです。
作ってみれば、簡単だった。

結構、おいしかったし!

これからもちょっとずつレパートリー増やしていこ。

簡単でうまい料理があったら教えてちょんまげ☆

今日、面白い雑誌を見つけた。

『AERA with Kids』という雑誌。
“実用性のある親と子の情報誌”らしい。
20060508_2314_0000.jpg

思えばつい最近まで自分はまだ子どもだっていう意識があった。
学生ということもあったし、脳みそに少しだけしわが増えて体だけ大きくなってしまった子ども。

でも、最近社会人になって、俺はもう子どもじゃないんだなぁ、とさすがに思いだしてきた。

育ててもらう側か、育てる側か。
これが決定的に違うとこじゃないかと思う。

これからは自分の子どもをちゃんと育てるためのいわば準備期間。

それに気づいた途端、今の子どもって何を考えとるんじゃろ、なんておっちゃんみたいなことを考えるようになった。

今までは無意識のうちに子どもっていう目線で世の中を見とったんじゃけど、気づいたらそうじゃなくなった。(おとなになったぜベイベーなんてことではありませんw)

22年前俺らが育った環境とはまた違う環境で育っている今の子どもたち。

その環境が違うということは、それに伴って考え方や価値観ももちろん変わってきとるんじゃろう。
SMAPと山崎まさよしが歌っとる歌みたいに。

そう考えると、自分が子どもを持ったときに考えるよりは、今から子育てのことを考えることも必要なんじゃないかと思った。

世の中を自分の視点から見るんじゃなくて、親の視点から、子どもの視点から見てみる。

ちょっと面白そうではありませんか。

最近買い物が好き。
といっても、服買うとかそんなんじゃない。

生活用品を買うのが好きなのです。

ドラッグストアでトイレ掃除用のカビキラー買ったり、バスマジックリン買ったり。どれにしようかのぅ~って選ぶのが楽しい。

今日は東急ハンズで皮むきとまな板を購入。
なんかちょっとずつじゃけど、生活用品増やしていくのがほんまに楽しい。

そんな中、今日ハンズで見つけた商品。
その名も“バナナガード”。

20060507_1544_0000.jpg

バナナを持ち運ぶためのケースらしい。

横のメモ書きには、「世界のバナナを90%の確率で収納できます・・」って、その確率は高いのか?低いのか?

気になって思わず写メを撮ってしまいました。

ちなみに値段は950円。
バナナ一本運ぶのにこの値段は高すぎると思うけど、バナナ好きにはたまらん商品なのでしょう。

・・次の給料が入ったら買おうかな・・。

今日は10時過ぎにメールの音で起床。

市岡先生からでした。
ゆふいん文化・記録映画祭」で我らが市ゼミの作品が上映されるそう。

俺らが制作した「お米がつなぐ人の輪」も。
ちなみに2期生からは「田中牧場物語」、4期生からは「古葉舞」が上映されるみたい。
4期生の作品はまだひとつも見とらんから見たいなぁ。

日時は5月28日(日)
9時30分~
@湯布院公民館
※この回だけは無料!!ほかのプロの作品は有料みたい。

別府におる人は暇なら是非足を運んでみてくださいな。

4月末にウィムが東京に来るという噂を聞いとったんじゃけど、ほんまにやってきました!

今日の朝7時に東京駅に着くって聞いとったけぇ、6時半前に起きて迎えに行こうと思いよった。
そんで目覚ましで起こされたと同時に携帯が鳴った。

「東京駅にいるよ。どこ?」 ・・6時20分。

は、はやっ!
7時じゃなかったんかいっ!とか思いながら、電話して東京駅で待ってもらうのも悪いし、両国駅まで来てもらうことにした。

ほんで両国駅まで迎えに行った。

10分ぐらい待ってから、改札に現れたウィム。
ちなみにシンガポリアンのクリスと一緒に。
彼はウィムの大学の友達の友達で、今日泊まるところがないらしく、一緒に泊めてあげることになった。

ひとまず、部屋に戻って朝ごはん。
昨日の残りのご飯でお茶漬けを作った。

しばらくしてから出発。
ひとまず浅草へ。

自分の中で、東京観光=浅草という方程式がある。
個人的に雰囲気が好き。雷門の前で観光客がパシャパシャ写真撮っとる、そんな風景も好き。

二人もまぁまぁ気に入ってくれたみたいでよかった。

まずは雷門をくぐって、浅草寺まで続く参道で饅頭食べて、おみやげ見てからお参り。
asakusa.jpg

一番楽しかったのは、その定番コースの後。

浅草寺の側で屋台が幾つかでとって、その中に金魚すくいがあった。
ウィムとクリスは金魚すくいを初めてみたらしく、「何これ?」と言っていた。

是非やって欲しいと思ったけど、大人300円。
ちと高いではないか。(社会人ながらケチケチですいませんm(__)m)

別に金魚が欲しいわけじゃないし、ただ経験させてあげたいだけじゃけぇと思って、そこのおっちゃんに料金交渉。

「金魚はいりません!ただ経験させてあげたいだけじゃけぇ、二人で500円にしてくれませんか?」
(小銭が丁度500円玉しかなかったという個人的な事情もあった・・。)

すると、おっちゃんは、

「なんや!この子ら金魚すくいしたことないんかい!なら、3人で500円でいいわ!」

と、何と幸運なことに俺までやれることになりました。

「日本人の見本示したれ!」とまで喝を入れられたw
kingyo.jpg

結局、おいら金魚3匹、クリスが0匹、ウィムが5匹でした。
金魚すくい初のウィムに負けてしまい、見本示せませんでした。。。

それで、おっちゃんに「やっぱり日本のshameだ!!」と言われてしまった。
やっぱりって、おいっ!

クリスは最初すぐ破ってしまったんじゃけど、新しいのをおっちゃんが「もう一回やってみ!」とタダでくれたりと優しいひとでした。

浅草で金魚すくいなのに、ミドリ亀、ハヤ、デカイおたまじゃくし、ザリガニも一緒に入っとるとこがあったらそのおっちゃんです。
熱いおっちゃんです。
kingyo2.jpg


ほんで浅草の次は秋葉原へ。
ウィムのお父さんはジャカルタの電気街で電機屋をやっとることもあったし、興味深いかなぁと思った。

あと最近よく秋葉原で見かける路上アイドル歌手も見せてあげたかったんじゃけど、今日はあいにく発見できず。残念。

秋葉原の後、クリスはシンガポールの先輩に会いに横浜へ。
俺とウィムは新宿へ向かった。

とりあえず東京都庁へ。
都庁のビルに入ったら、45階まであがれることがわかったけぇ、のぼった。
いい眺めでした。

それから、原宿へ行き、歩いて渋谷へ。
渋谷に行く前から、ウィムが「ガングロガングロ!」(インドネシアの一部の若者の間では流行っているらしい・・)としきりに言っていたので、センター街、そして109を1階だけ一周しました。

運良く数名の「ガングロ」さんを観察できて、ウィムもご満悦の様子でした。

そして、渋谷から京王線に乗って東大駒場前へ。
ここには留学生が暮らす寮みたいなとこがあって、ここにはウィムのネシア仲間が暮らしている。
ウィムと同じく外務省のプログラムに合格して、四月から日本に来たばかりらしい。(ウィムは去年の9月からじゃけど)
大阪外語か東京外語大学で1年間日本語の勉強した後、日本の旧帝大へ羽ばたいていくというエリートネシアンズたち。

そんな彼らとトランプして遊んで、寿司を食べてきました。
下北沢の駅前の100円寿司。
おいしかっただす。
neshiannn.jpg


それから、両国へ帰宅。

大阪の寮ではネットが繋がっとらんらしく、ウィムはひたすらチャットをしてました。

ニヤニヤしとるところを隠し撮りしようとしたらバレたw
(↓)

chatter.jpg


研修終わってから、最近は毎日飛び込み営業をしている。
一日に少なくとも30社、多いときは100社近く飛び込み。

飛び込み営業中によく目にするのが、セールスお断りの看板。
ビルの入り口にあるところもあれば、ドアにあるところ、また受付の電話に記載してあるところ様々。

お断り・・と言われて、遠慮していては周る会社がなくなってしまう。
ということで、基本的には気にせず、飛び込んでいる。
「書いてあるだろ」と怒られたり、ただ無言で看板を指差されたりすることもよくあるけど。

大体の会社さんは東急ハンズとかで売ってそうなやつを付けとったり、まぁそうゆう定型文をプリントしたのを貼っとったりするんじゃけど、たまに変わったのもある。

かなり具体的だったり、
060501_1653~0001.jpg


漢字間違えすぎだったり、
060501_1505~0001.jpg


アポなし訪問は日時を指定されとったり。(毎週火・木の17~18時)
060427_1701~0001.jpg

ちなみにここの会社さんを初訪問したのは水曜日の夕方。

明日(木曜)もここのエリアで飛び込みする予定じゃったけぇ、それなら書いてある通り明日また来よう!と思い、次の日(木曜)の17時きっかりに飛び込んだ。

・・・が、しかし、ドアは施錠されており誰もおらず。

何か悔しかったし、次の日(金曜日)また飛び込んだ。
指定の日じゃないけど。

今度は担当者の方がいたので、一昨日からのことを説明した。

「実は水曜日にも来たのですがあの看板を見て飛び込まず、指定通り木曜の17時に来ました。しかし・・・、うんぬんかんぬん、というわけで、今日はもう日中にお邪魔してしまいました。すいません!」

すると、担当者の方はとてもいい人で、気を使わせてしまってすいませんね!と逆に謝られてしまった。
ほとんどの飛び込みは看板無視でくるらしく、逆に珍しかったらしい。
その人と数分立ち話をして、名刺交換をした。

普通なら「お忙しいところ、お時間頂きましてありがとうございました。失礼いたします。」って出て行くんじゃけど、ここの会社の人はかなり律儀で「お送りいたします」ってエレベーターまで送ってくれた。しかも、エレベーターのドアが閉まるまで90度のお辞儀。

こんなにいい対応してくれた人は初めてじゃたけぇ、うれしかった。



飛び込みってほんまに泥臭い仕事。

まさに昔よく言われとった3K(きつい、きたない、きけん)かもw

走り回って怒られて精神的にも肉体的にもきついし、雨の日はぬれてきたないし、たまたま入ったところが極道の事務所だったりで危険じゃし・・。

それでかつめちゃくちゃ非効率的じゃけど、学ぶことも多い。

ひとつの契約を取るのがいかに難しいか、大変か。
限られた時間の中でどうやったらたくさんまわれるか考えたり。
前も言ったけど、一番の収穫は度胸。

3Kはきつい、きたない、きけん、じゃなくて、3K(契約取る大変さ、効率的に動く方法、肝っ玉)かもしれん。

って、ちょっと強引すぎたかw

まぁ若いうちにしといて損はないかもしれませんよw
さっきみたいに毎日何かしらのドラマもあるし!


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2006 Como Beppu No Hay Dos!!, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。