上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一昨日、母さんから手紙が届いた。

携帯の通話料の請求書が広島に届いどったけぇその請求書を転送してくれたみたい。
封筒にはその請求書と一枚の便箋が。

便箋には古い保険証を送り返してくれということと、携帯の請求書の件、そして短い言葉が綴ってあった。

元気で頑張っていますか?
健康に気をつけてね。また様子を知らせてください。
母より


大学時代も4年間実家を離れて暮らしとったし、こんな手紙何度かもらったことある。
サッと読んですぐ机の引き出しの中に放り込んどった。

でも、今回は違った。

この短い言葉の中にすごいあたたかいもんを感じて、胸が熱くなった。

何なんじゃろう、この心境の変化は。

自分でもよくわからんし、そんなんでBLOGに書いたら、読む人はもっとわからんじゃろうけど、とにかくたった数行のこの手紙を読んで涙がでてきた。

これまで22年間支えてもらってきたことに対する大きな大きな感謝の気持ちと、それに対してまだ何もできていない自分の不甲斐なさ。
この二つが入り混じっている感じ。

昔、ある後輩が、
「就職は絶対に地元でしたいんです。
親に感謝しているから。」
って、言っていた。

その時は自分のやりたいことを優先することが親の幸せにも繋がるんじゃないかなぁって思った。
でも、今はすごい後輩のその気持ちがわかるし、自分のことより身近な大切な人を大事にしようと気づけた後輩はすごいなぁ、と思う。

とにかく毎日頑張ろう、精一杯頑張ろう。
それが両親へのありがとうの気持ちになると信じて。

20060430_2233_0000.jpg

スポンサーサイト

今日は所属する部の達成会でした。
まぁ要は飲み会ですw

DV長、部長・マネージャー・リーダー、営業アシスタントの方々、先輩、そして、部の同期23名。

飲み会をやるたびに、この会社入ってよかったなぁ、と再確認できる。
優秀な先輩と同期に囲まれており、日々刺激を受ける。

そして、何か素でおれる気がする。
全員個性はバラバラじゃけど、それを互いに尊重しあって働けているというか。

うんうん、とにかく働く環境は最高じゃけぇ後はほんまに自分次第!!

DV長の秋末さんが飲み会の最後に言った言葉。

「この一ヶ月どれだけ本気でやれたか。それがこれから一生の仕事のスタイルを決める。」

これを常に自分に問いかけながら、来月から働いていこうと思います!!

最近、仕事が20時ごろ終わって、ご飯食べて家帰って、バタンQで寝て起
きたら朝ってパターンが多い。

このライフスタイルが定着しつつあるけど、それじゃいかん。
仕事が終わってから寝るまでの数時間を何かに活かさんと・・
と思いつつやっぱり気づいたら夢の中w

ちなみに今週は朝10時から17時までは外回りでアポ訪問&飛び込みという日々。10時から17時まで決められたことは一切なく、行動は全て自己管理。
そんな感じで担当エリアのN橋1・2・3丁目を毎日走りまわっております。

一人で走り回っとると、ふと疲れた時も対話する相手は自分自身。
そんな時、ゼミの恩師市岡先生が言われていたことを思い出した。

「現場が私の学校だった」

ドキュメンタリー制作に人生を捧げてきた市岡先生。
ドキュメンタリーをつくるのって映像の面が目立つけど、その映像を支えとるのって、想像を絶する地道な現場でのフィールドワークだったりする。
大学3年次のゼミで俺も痛感した。

「先生、業界は違いますが、今、現場が僕の学校です」

と心の中でささやきつつ、今日も頑張ります。

今度の休みには西荻窪に行きたい。

東京に住む前に買ったTOKYOウォーカーに西荻窪はアンティーク家具とか雑貨の店がたくさんあるって書いてあったし。

まぁ部屋をおしゃれにしたいとか、そんなんはどうでもいいんじゃけど、ただ変な雑貨を見つけたい。

俺は昔から変なモンを好きになる傾向がある。
そうゆう掘り出しモンが西荻窪にあるんじゃないかと胸を躍らせております。

ちなみに最近買った変なもんはこれ。
上野の骨董市で買ったミモーマモー人形。
インドネシアのロンボク島の人形らしい。
頭は水牛の角で、体は骨でできとる。

何か気に入ってしまって、値切って買った。
値段はヒミツですw

mimomamo.jpg

どうも、皆さんこんにちくわ!

長らく更新しとらんかったけど、おいらは元気です。
やっとネットが繋がった。

4月3日かから社会人やってます。
といっても、今週まではほとんど研修だったけぇ、まだ働いた!って気分は全然せんけど。
研修は法律とか業務に関する座学が中心で、あとは営業同行に行ったり、飛び込み営業(名刺獲得キャンペーン)したり。

飛び込み営業で名刺獲得キャンペーン・・って、何てことをさせるんだ・・って正直入社前には思っとったけど、いざやってみれば楽しかった。

決められたエリア内(俺は八重洲1・2丁目、日本橋3丁目)の会社にひたすら飛び込んで、名刺を交換して頂く。

もちろんつらいこともある。
イヤな顔されたり、怒られることなんてしょっちゅう。

断られ続けると負のスパイラルにはまる。
会社のドアを開けようか、開けまいか悩んだりもした。

でも、ここで学んだことがひとつ。

「何も考えず、ドアを開けてしまえ」
ってこと。

ネガティブになってしまったときって、考えれば考えるほど悪い方向にばっかり考えてしまう。

それなら、何も考えずドアを開けて、開けてから考えちまおう。

そうすると、ドアの先にあったもんって案外たいした問題じゃなかったりする。

ここはダメっぽいなぁって勝手に考えとったところで、いざ開けてみれば「俺も営業のときはよくやったよ、頑張ってなぁ!」なんて声をかけてもらえたり、「いい名前ね。頑張ってね!」と言ってくれたり。
ほんまにうれしかった。

この感謝の気持ちを胸に秘めて、これからも仕事を頑張ろうと思えた。
こんな会社さんに貢献できるような営業マンになってやるぞ!!

人それぞれこの飛び込み研修で感じたことは違うと思うけど、これって想像以上に奥が深かった。

まぁ何よりの収穫はちょっぴり度胸がついたってことかなw


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2006 Como Beppu No Hay Dos!!, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。